商品検索:
日本ギフト大賞2016 プレミアムギフト賞受賞
金平糖 × キャラメルボックス




漆器 山田平安堂アイテム別バナー
重箱・一ヶ重
(重箱・和菓子セットなど)

鉢・Bowl・菓子器
(小鉢・サラダボウルなど)

お椀
(飯椀・汁椀・吸物椀など)

酒器・屠蘇器・その他
(盃・片口など)

盆・ランチョンマット
(丸盆・お膳など)

インテリア・写真立
(花生・額・飾皿など)

小箱・手文庫
(小箱・文箱など)

ステーショナリー
(万年筆・ペン立て など)

お皿・銘々皿
(小皿・プレートなど)

箸・箸置・サーバー
(カトラリー・菓子切など)

テーブル小物
(お絞り受け・薬味入れなど)

茶托
(茶托単品・5枚組など)

装飾品・小物類
  
(アクセサリー・カフスなど)


出産祝い 干支小椀

欅 中椀

サラダボウル 昇龍






季節限定
アクセサリーケース

 




漆器はお手入れもお取扱いも
簡単です。是非気軽に、
身近にお取扱いください。
※初めてのお客様へ
平安堂WEB本店でのご注文方法




『家庭画報』や『STORY』、『和楽』をはじめ500誌以上の雑誌に掲載して頂いております。
 


新作のご紹介など、最新情報をお知らせしております。 



1919年 山田孝之助が日本橋に『山田漆器店』を創業しました。



直営店のご案内 代官山本店
直営店のご案内 コレド室町店(日本橋)
新ブランドのご紹介 平安堂ヌーヴォー(木更津アウトレット)

 
   

商品カテゴリ一覧 > 【Q&A】 > 漆器のお手入れについて

【漆器山田平安堂】 Q&A“お手入れ”
【Q&A】 漆器のお手入れについて


Q : 使った後のお手入れは?
意外と勘違いされている方が
多いのですが…
極めて美術性の高い漆器を除いて、
つまり、普通の漆器は全て、
通常の食器同様
『 スポンジ 』 と 『 洗剤 』で、
お手入れをして頂いて構いません。

滅多に割れることがございませんので、
むしろ、陶磁器・ガラス器に
比べて、お手入れは楽なくらいです。

『 お手入れが大変そう… 』
『 お手入れが難しそう… 』
そう言ったお客様の声を聞きますが、
是非気軽に、身近にお取扱いください。
『 スポンジ 』 は柔らかい面が、漆には優しいです。
しかし、汚れがなかなか落ちない場合は、
固い面でも構いません。
『 お湯 』 のご使用もまったく問題ございません。
『 洗剤 』 は通常のもので大丈夫です。
研磨剤入りの洗剤(今はほとんど無いですね)は
避けてください。
『 つけ置き 』 も大丈夫ですが、
あまりの長時間(一晩中など)は避けてください。
『 乾拭き(からぶき)』 は効果的です。
水滴の後が残らず、次回に気持ち良く使えます。
漆に対しても優しい作業です。
『 食器洗浄器・乾燥器 』 でのご利用は
避けてください。
漆の劣化が早くなります。
Q : どうやってしまうの?保管するの?
−普段使いの漆器− −長期保管−
日常で使う漆器に関しては、通常の食器と
一緒にしまって頂いて構いません。

漆は 『 直射日光 』 が苦手ですから、
その点はご注意ください。

ちょっとしたコツとしては、
『 漆は漆 』 『 陶器は陶器 』 というように、
素材でまとめて重ねることでしょうか?
陶磁器は、底の処理がいろいろで、
必ずしもキレイに磨いてありません。
ザラザラした部分と漆がこすれれば、
やはり、表面に擦り傷が出来てしまいますので
ご注意ください。

また、陶器や磁器と漆器を重ねるときは、
間にティッシュペーパーを挟んだりすると、
かなり効果的です。
屠蘇器など、かなり長期間に渡り保管する
場合は、少し気を使ったほうが良いです。

長期の保管の際は、

箱にしまう(破損を防ぎます)
器を包む
 (擦り傷を防ぎます・新聞紙でもOK)
著しい乾燥・湿気はさける
 (暖房が直接当たるなど)
直射日光は避ける
しっかりキレイにし、水気を切ってからしまう。

といったところでしょうか。

たまに空気に触れさせた方が良いようですが、
なかなかそこまでは難しいですね。



Copyright © Yamada Heiando co.,Ltd.
All Rights Reserved


現在登録されている商品はありません