カートを見る

商品検索
  • 平安堂の歴史
  • 雑誌掲載
    『婦人画報』や『家庭画報』、『和楽』をはじめ500誌以上の雑誌に掲載して頂いております。
  • 宮内庁御用達の贈答品特集額 紅白梅流水之図飾皿春秋花生け 琳派写年末年始の贈答品特集年末年始の贈答品特集年末年始の贈答品特集年末年始の贈答品特集
飾皿 扇面流水
アイテム別で探す

(個人向けトップページとなります)

お盆

お盆・ランチョンマット
(丸盆・お膳など)

鉢・ボウル

鉢・盛器・菓子器
(小鉢・サラダボウルなど)

重箱

重箱・一ヶ重
(重箱・和菓子セットなど)


タンブラー

酒器・屠蘇器
(盃・片口など)

飾皿

インテリア・写真立
(花生・額・飾皿など)

小箱

小箱・手文庫
(小箱・文箱など)

ステーショナリー

ステーショナリー
(万年筆・ペン立てなど)


茶托

茶托
(茶托5枚組)

アクセサリーケース

装飾品・小物類
(アクセサリーケースなど)

  • フォトフレーム特集




■勲章、褒章の種類■ 【春秋叙勲】長年にわたり、国家や公共など
「公」に対して功労があった70歳
以上の人に授与される勲章です。 ≪大勲位菊花章≫≪桐花大綬章≫旭日大綬章又は瑞宝大綬章の
授与対象より優れた功労のある方 ≪旭日章≫顕著な功績を挙げた方 ≪瑞宝章≫公務等で長年成績を挙げた方 ≪文化勲章≫ 文化発達に顕著な功績のある方 【春秋褒章】学問や文化などの分野において
優れた行いや功労のあった人に
授与される褒章です。 ≪紅綬褒章≫自己の危難を顧みず
人命の救助に尽力した方 ≪緑綬褒章≫長年社会への奉仕活動に従事し
顕著な実績を挙げた方 ≪黄綬褒章≫農商工業等の業務に精励し、他の
模範となる技術や事績を有する方 ≪紫綬褒章≫科学分野における発明・発見や、
学術・芸術で優れた業績を挙げた方 ≪藍綬褒章≫ 産業の振興、社会福祉の増進等に
優れた業績を挙げた方
宮内庁御用達、国内の職人が手掛けた受章祝い。
贈る相手に合わせてお選びください
外務省、各国の日本大使館で
ご愛用頂いている
宮内庁御用達の漆器。
日本国民を代表するお祝いに。
日本の美術様式「琳派」を
蒔絵で表現したインテリア
春秋褒章・叙勲のお祝いには
「春秋」を意味する桜と紅葉の飾皿を
国花である「菊」と「桜」を
蒔絵で描いたフォトスタンド。
受章記念の写真を
お飾りいただくのにおすすめです。

記念日や勲章・褒章名を
蒔絵でお名入れすることもできます。
受章が決まると、
思ったよりも多くの方から
お祝いの電報をいただくもの。
大小さまざまなお手紙の整理には、
レターサイズの手文庫が喜ばれます。 受章式に向けて、
アクセサリーを新調する方も多いため、
贈り物として喜ばれるジュエリーボックス。
白檀塗で描いた桜と紅葉の絵柄は
徐々に鮮やかな色合いへと変化いたします。
日本で咲き誇る美しい花々を
貝殻を使った「螺鈿」技法で
描きました。
光の当たり方で七色に光る
幻想的な長小箱は、
目上の方への受章祝いにも
相応しい輝きを持っております。
受章式の後は、祝ってくれた方を
ご自宅に招く機会が多いもの。
また、お酒をお持ちになる方も多いため
シャンパンクーラーがひとつあると便利です。
漆塗の艶やかな質感をお楽しみいただけます。 受章した後のお祝いの宴など、
受章者が主催するパーティーでの
贈り物にもおすすめのジュエリー。
黒いスワロフスキーの控えめな輝きと
伝統工芸の蒔絵は相性抜群です。
片手に収まるサイズの
小筥(こばこ)に、漆芸の技術を
ぎゅっと詰め込みました。
幾種類もの技法で描き分けた
日本の国花、菊を
ご堪能いただける一品です。
手書きで受章のお礼を伝えたい方には、
書き手の「くせ」を覚えどんどん
書き手好みに変化していく万年筆がおすすめ。
セーラー万年筆のボディに蒔絵を施した
平安堂の人気ギフトです。 受章の報せをいち早く知る間柄だからこそ
式典に身につけるジュエリーなどを
贈り物として選ぶのがおすすめ。
透明感のあるスワロフスキーに
蒔絵を施した、珍しいジュエリーです。
お祝いの場がぱっと華やぐ、金箔の徳利と盃のセットギフト。
木製の器に数ミクロンもの薄さの金箔を施した盃は、
驚くほど軽く、口あたりもまろやかです。
お正月など、ハレの日を迎えるたびに、受章式を思い出す…
そのようなギフトになることと思います。
温かい言葉とともに受章のお祝いをくれた方や、
予定を合わせ祝賀パーティーに参列してくれた方には
心からのお礼の品を届けたいですね。

受章のお返しや内祝いには、
いただいた金額の半分程度の予算で考えるのが一般的です。
菊の形がモチーフの食器は、テーブルに広げると
ぱっと華が咲いたように華やぐのが魅力です。
食卓に取り入れやすい、落ち着いた色味をご用意しております。
ボンボニエールが皇室の引き出物として
貴族に配られるようになったのは、明治以降のこと。
漆器のボンボニエールもまた、平安堂の創業当初より
長く親しまれてきた器でした。

艶やかな質感、漆塗ならではの温かみ、蒔絵の可愛らしさに
「先方に笑顔になってもらえる」と好評のギフトです。