お月見とは?2022年の十五夜はいつ?お月見の由来や歴史、お供物について

秋の夜空に浮かぶ、美しい月を眺める「お月見(十五夜)」。

2022年の十五夜は、9月10日(土)です。

夏が過ぎ、涼しくなり始めたこの時期に、満月の夜を見て楽しむのは、日本の秋の風物詩ともいえますね。

こちらでは、お月見の由来や歴史、お供物についてご紹介しております。
また、現代のお月見の楽しみ方もご紹介していますので、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

ウサギ

意外と知られていない「お月見」について、詳しくお話ししていくよ!

お月見女性

ご家族の方や大切な方と、今年のお月見をぜひ楽しんでみてくださいね♪

※この記事では、上の2名が案内役として登場します。最後まで、どうぞお付き合いくださいませ。

必見!お月見のすべて|十五夜ってなに?

必見!お月見のすべて|十五夜ってなに?

お月見とは、1年の中で最も空が澄みわたる旧暦の8月に、美しく明るい月を眺める行事のことで、「十五夜」ともいいます。

十五夜といえば、「満月」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ウサギ

実は、十五夜にはたくさんの秘密が隠されているんだよ!

まずこちらでは、十五夜の日にちや由来、歴史について詳しくご説明していきます。

毎年、十五夜は日にちが変わる

毎年、お月見(十五夜)は日にちが変わる

もともと、十五夜は旧暦の8月15日とされていました。
新暦で表すと月遅れの9月15日を十五夜と思う方も多いですが、実は、その年によって十五夜の日にちは変わっています

月の満ち欠けを基準にしていた旧暦と、太陽の動きを基準にしている新暦では、1年の始まる日も1年の長さも異なります。
そのため、旧暦と新暦にズレが生じ、実際には、毎年9月中旬~10月上旬の間に十五夜(旧暦8月15日)がくるとされています。

毎年9月中旬~10月上旬の間に十五夜(旧暦8月15日)がくる

また、月の満ち欠け(新月から満月)の周期も約15日と一定ではないため、十五夜と満月の日も例年1〜2日程度ずれることがあります。

※参考までに、以下に十五夜と満月の日にち早見表を載せております。

▼お月見(十五夜)日にち早見表

十五夜 満月の日
2019年 9月13日(金) 9月14日(土)
2020年 10月1日(木) 10月2日(金)
2021年 9月21日(火) 9月21日(火)
2022年 9月10日(土) 9月10日(土)
2023年 9月29日(金) 9月29日(金)
お月見女性

完全な形の満月ではないけれど、十五夜にお月見をすることが一般的ですよ。

十五夜は、中秋の名月(仲秋の名月)ともよぶ

十五夜は、中秋の名月(仲秋の名月)ともよぶ

十五夜は、別名「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」とも呼ばれ、秋の真ん中に出る月という意味があります。

ウサギ

「中秋の名月」「仲秋の名月」の2つの表現を見たことがある人はいるかな?

ここでは、「中秋の名月」と「仲秋の名月」の違いについてお話しします。

まず、旧暦では、7月、8月、9月を秋の季節とし、7月を初秋、8月を仲秋、そして、9月を晩秋と定めていました。
つまり、仲秋とは8月のことなので、「仲秋の名月」は「8月の名月」という意味になります。

一方、中秋とは、秋のちょうど真ん中の日(旧暦8月15日)のこと。
そのため、十五夜の時は「中秋の名月」と書くことが多いのです。

お月見女性

漢字によって意味が少しずつ異なりますが、十五夜のことを「仲秋の名月」「中秋の名月」どちらで書いても正しいので安心してくださいね。

「中秋の名月」と「仲秋の名月」の違い
  • 仲秋の名月・・・8月の名月
  • 中秋の名月・・・秋の真ん中の名月

平安時代から続く、十五夜の歴史

平安時代から続く、十五夜の歴史

古来から月を愛でる風習は日本にもありましたが、十五夜のお月見が広まったのは「平安時代」
貞観年間(859~877年)に中国から日本へ伝わり、貴族の間に広がっていきました。
当時の貴族たちは、月を眺めながらお酒を飲んだり、船の上で詩歌や管弦を楽しんでいました。

庶民の間にまで十五夜の風習が広まったのは、江戸時代に入ってから。
しかし、平安時代の貴族とは異なり、収穫祭や初穂祭の意味合いが強く、無事に稲を収穫できた喜びを分かち合い、感謝する日だったそうです。

ウサギ

夜月を見ながら窓辺でお酒を飲んだり、お団子を食べたりする「お月見」の楽しみ方のルーツは、平安時代なんだよね。

お月見は、十五夜だけじゃない!|3月見とは

お月見は、十五夜だけじゃない!|3月見とは

お月見といえば、中秋の名月とよばれる「十五夜」が一般に広く普及していますが、他にも、十三夜や十日夜(とおかんや)というお月見行事があります。
十五夜、十三夜、そして十日夜の3つの月見を合わせて「3月見」といいます。

こちらでは、十三夜十日夜について詳しくご紹介していきますね。

十三夜

3月見の一つ、十三夜

十三夜とは、十五夜の後にやってくる旧暦9月13日のお月見のこと。

中国から伝わった十五夜に対し、十三夜は日本由来の風習だといわれております。
また、十三夜には、栗や枝豆を供えることから「栗名月」「豆名月」とも呼ばれています。

ウサギ

ちなみに、十五夜または十三夜のどちらか一方しかお月見をしない「片見月」は、あまり縁起が良くないとされているんだ。
できれば、十五夜と十三夜の両方の日にお月見ができると良いね♪

十五夜と同様、十三夜の日にちも、その年によって変わります。
※2022年の十三夜は、10月8日(土)です。

お月見女性

十三夜の月は、満月が少し欠けた形をしていますが、十五夜に次いで美しい月と言われています!
十三夜の月が愛でられるのは、完全ではないもの(=満月が欠けた月)に美意識を感じる日本ならではの文化といっても良いですね。

十日夜(とおかんや)

3月見の一つ、十日夜

十日夜(とおかんや)とは、旧暦10月10日に行われていた収穫祭のこと。
毎年、十日夜の日にちも変わりますが、お月見がメインではないため、満月かどうかに関わらず新暦11月10日にお祭りを実施するところが多いようです。

十日夜は主に東日本で行われる行事で、西日本では旧暦10月の「亥の子(いのこ)」という行事に当たります。
※「亥の子」とは、亥の月(旧暦10月)の最初の亥の日、亥の時間に行われる収穫祭のこと。

十日夜(とおかんや)とは、旧暦10月10日に行われていた収穫祭のこと

地方によって行事内容は様々で、例えば、子供たちが「わら鉄砲(稲の茎を束ねたもの)」で地面をたたいて回り,作物にいたずらをするモグラを追い払ったり、お餅を食べて無病息災や子孫繁栄を願ったり、「かかしあげ」と呼ばれる、田んぼを見守ってくれたかかしにお供えものをしたりする風習など。

十日夜は、「田の神さまが山に帰る日」ともいわれ、地の神さまに感謝の気持ちを表すための行事とされています。

ウサギ

昔から、十五夜・十三夜・十日夜の3日間が晴れてお月見ができると、縁起が良いとされているよ!

お月見の風習とお供えものについて

お月見の風習とお供えものについて

お月見には、美しい月を眺めるだけでなく、収穫に感謝して、月に見立てたものや収穫物をお供えするという風習もあります。
※お供えとは、お月見の日にお供えものを飾ったり、お皿に並べたりすること。

こちらでは、お月見のお供えものであるススキ月見団子農作物(芋類)の3つの意味について、それぞれ見ていきましょう。

ススキ

お月見のお供えもの「ススキ」

秋の七草の一つでもあるススキには、悪霊や災いなどから収穫物を守り、翌年の豊作を願う意味が込められています。
そして、鋭い切り口を持つススキは魔除けになるともされており、庭や水田に立てたり、軒先に吊るす風習が今もあります。

お団子(月見団子)

お月見のお供えもの「お団子」

月に見立てたお団子をお供えすることで、月に収穫の感謝を表します。
十五夜では15個、十三夜では13個を、ピラミッドのように積んでお供えします。

農作物(里芋・栗)

お月見のお供えもの「農作物」

お月見は、豊作を祝う行事でもあります。
里芋、栗、枝豆など、収穫されたばかりの農作物をお供えし、収穫に感謝します。

お月見女性

十五夜(中秋の名月)は別名「芋名月」とも呼ばれています!

お月見の独特な風習「お月見泥棒」とは?

お月見泥棒とは、近所の子どもたちがお月見のお供えものを盗む風習のこと。
「お月様が月見団子を食べてくれた」と考え、子供の盗み食いが歓迎されるのです。
地域によっては、今でも子供たちが「お月見ください!」「お月見泥棒です!」と各家に声をかけて周り、お団子やお菓子をもらう風習が残っているそうです。

現代風にアレンジ♪ お月見を楽しむアイデアおすすめ5選

現代風にアレンジ♪ お月見を楽しむアイデアおすすめ5選

美しい月を眺めるだけでも良いですが、お団子を食べたり部屋を飾ったりするだけで、お月見をもっと楽しめますよ!
こちらでは、ご自宅でも簡単にできるお月見の楽しみ方をご紹介していきます。
今年のお月見は、ご家族のみなさんや大切な方と、素敵な時間をお過ごしください♪

ウサギ

ぜひ、参考にしてみてね!

昔ながらで楽しむなら!お団子を食べる

お月見を昔ながらで楽しむなら!お団子を食べる

お月見といえば、やっぱりお団子!
小さなお子様からご年配の方まで、みんなで楽しめるアイデアなのでオススメです。
今年のお月見は、綺麗な月を眺めながら、美味しいお団子を食べましょう♪

お皿に並べてすぐできる♪ 「幸ふく」のお月見団子セット10本入り

楽天のお団子ランキング1位も獲得している、お菓子工房「幸ふく」の団子セット。
柔らかい一口サイズのお団子は、お子様からご年配の方まで安心して食べられます。
全部で10種類の味が入ったお団子セットなので、家族みんなでワイワイお楽しみいただけますよ♪

お団子を並べてお月見を楽しむ
幸ふくだんご福袋10種類10本

参考価格:1,980円(税込)
※2022年1月5日時点の情報です。

楽天市場で見るYahoo!ショッピングで見るamazonで見る

お好きな味にアレンジしてね。コシヒカリ100%の白玉団子

千葉県産のおいしいコシヒカリだけで作った、ツヤツヤでふっくらな串だんごです。
自分で焼いて海苔を巻いたり、みたらしをかけて食べたりと、気分はまるでだんご職人♪
お子様と一緒に、おだんご屋さん気分で楽しいお月見を過ごしてみてはいかがでしょうか。

お団子をアレンジしてお月見を楽しむ
冷凍串団子 20本

参考価格:2,000円(税込)
※2022年1月5日時点の情報です。

楽天市場で見るamazonで見る

作って楽しい、食べて美味しい!お月見団子の手作りセット

白玉粉とあんこがセットになった、お月見団子の手作りセット。
白玉団子のレシピがついているので、お子様と一緒にお月見団子を作ることができます!
あんこやみたらしをかけたお団子はもちろん、柏の葉を巻いた柏餅をお供えするのも良いですね。

手作り団子でお月見を楽しむ
お団子 手作りセット

参考価格:1,500円(税込)
※2022年1月5日時点の情報です。

楽天市場で見る

お月見女性

お月見に決まりはないので、お団子をお供えするお皿はご家庭にあるもので構いません♪
「それっぽく台座にお供えしたい!」という方は、こちらをご覧ください。

可愛いインテリアでお月見気分を味わう

可愛いインテリアでお月見気分を味わう

お月見の当日でなくても、お月見気分を味わいたい方には、お月見のインテリアがオススメ。
可愛いウサギと月見団子のインテリアは、眺めているだけで笑顔になりますね♪

小さな円窓からウサギと一緒にお月見を。情緒あふれる和柄のインテリア

ちりめん細工で仕立てられた「京都 夢み屋」の歳時記。
小さな円窓の中に、季節のデザインが施された風情あるインテリアとなっております。
和柄でほっこりするお月見インテリアを飾って、お部屋の中にお月見を取り入れるのもオススメですよ。

お月見インテリアを飾ってお月見を楽しむ1
京の町家 -歳時記-

参考価格:4,180円(税込)
※2022年1月5日時点の情報です。

楽天市場で見るYahoo!ショッピングで見るamazonで見る

まんまる大きなお月様を自宅に飾って楽しむ♪木製のお月見インテリア

木の温もり感じる「森林工芸館」の彩り歳時記。
木製で作られた、まんまるお月様と餅つきをしているウサギが印象的ですね。
シンプルなデザインのインテリアなら、玄関やリビングに飾ってもぴったりですよ!

お月見インテリアを飾ってお月見を楽しむ2
森林工芸館 彩り歳時記 9月~お月見~

参考価格:5,390円(税込)
※2022年1月5日時点の情報です。

楽天市場で見るYahoo!ショッピングで見る

三宝(さんぽう)で、正統派のお月見を

三宝(さんぽう)で、正統派のお月見を

正統派のお月見を楽しみたい方にオススメしたいのが、三宝(さんぽう)。
三宝とは、月見団子をお供えするときに使う、台座のことです。
こちらでは、人気の高いヒノキの三宝と漆器の三宝をご紹介します♪

ほのかな檜(ヒノキ)の香りで心落ち着く。お月見飾りセット

月見団子から三宝まで、全てが天然木のヒノキで作られたお月見飾りセット。
温かみのある木肌を愛でたり、ほのかに香るヒノキの香りを楽しんだりできます♪
飽きのこないシンプルなデザインのお月見飾りは、毎年お使いいただけますよ。

ひのきの三宝にお団子を並べてお月見を楽しむ
ひのき団子と三宝(三方)セット

参考価格:3,300円(税込)
※2022年1月5日時点の情報です。

楽天市場で見るYahoo!ショッピングで見るamazonで見る


ちょっと贅沢なお月見に!縁起の良い朱色×金箔デザインの三宝

高級感あふれる朱色の漆塗りでできた、宮内庁御用達「山田平安堂」の三宝。
三宝に空いた3つの丸には、金箔を贅沢に使用し、おめでたさをより一層引き立たせています。
漆器の三宝は、お月見の他に、お正月や初節句などの祝いの席でも使えますよ♪

漆器の三宝にお団子を並べてお月見を楽しむ
【宮内庁御用達 漆器 山田平安堂】
三方(さんぽう・三宝) 三ツ星透かし(小)

参考価格:27,500円(税込)
※2022年1月5日時点の情報です。

公式サイトで見る楽天市場で見るYahoo!ショッピングで見る

お月見デザインの食器で、いつもの食卓を華やかに

お月見デザインの食器で、いつもの食卓を華やかに

お月見にちなんだ食器で、十五夜の日に家族で囲む食卓をお月見らしく飾ってみませんか♪
こちらでは、お月見にぴったりのオススメの食器・夫婦箸をご紹介していきます。

夏季限定!うさぎの餅つきが描かれた、お月見らしいデザインの白漆プレート皿

白漆をお月様に擬えて、うさぎが餅つきをしている絵柄が描かれたこちらのプレート。
国宝「鳥獣戯画(ちょうじゅうぎが)」に出てくるうさぎをモチーフに描かれた、ユニークな画風のお皿となっております。
今年の十五夜のお食事は、お月見らしいプレートでいただくのも趣深いですね。

山田平安堂の素敵な丸皿でお月見を楽しむ
≪遊び心シリーズ≫丸皿 月うさぎ(季節限定)

参考価格:4,400円(税込)
※2022年1月5日時点の情報です。

公式サイトで見る楽天市場で見るYahoo!ショッピングで見る

カトラリーで食卓を華やかに!可愛いお月見デザインの夫婦箸

名入れギフトとしても人気の高い、若狭塗のお月見うさぎペア箸。
ピンクとグリーンの柄の部分に、満月やススキ、ウサギの絵が描かれたお月見デザインのお箸です。
可愛いデザインの夫婦箸は、食卓に並べるだけでお月見の雰囲気を華やかに演出してくれますよ♪

名入れお月見柄の夫婦箸でお月見を楽しむ
【名入れ箸】若狭塗 お月見うさぎペア箸

参考価格:3,850円(税込)
※2022年1月5日時点の情報です。

楽天市場で見るYahoo!ショッピングで見る

ウサギ

お箸は、十五夜が終わった後も毎日使えるから嬉しいね!

夜月を眺めながら、ぐい呑み・ペアグラスで乾杯

お月見の日は夜月を眺めながら、ぐい呑み・ペアグラスで乾杯

美しい月を眺めながら晩酌をする…想像するだけでも素敵なお月見ですね。
こちらでは、ぐい呑みやペアグラスをご紹介します。

お月様がキラキラと輝く!お月見グラスペアセット

透明なガラスに、満月と三日月が描かれた「月燦」のお月見グラスペアセット。
小皿や小鉢がついてますので、おつまみを添えて晩酌をお楽しみいただけます。
満月デザインにはうさぎの絵柄も入っているので、ぜひ実物を手にして探してみてくださいね♪

お月見デザインのペアグラスでお月見を楽しむ
月燦 お月見グラスペア

参考価格:3,300円(税込)
※2022年1月5日時点の情報です。

楽天市場で見るYahoo!ショッピングで見るamazonで見る

秋の夜空を照らす満月をいつまでも。月見の風情感じるぐい呑み

最後にご紹介するのは、天然木をくり抜いて作られた漆器のぐい呑み。
木の温もり感じるぐい呑みは、口当たりが良いのも特徴です。
シックな黒の漆器に、お月見に欠かせない満月と稲穂が描かれたぐい呑みで、最高のひと時をお過ごしくださいね。

お月見柄のぐい呑みでお月見を楽しむ
ぐい呑 月に稲穂(つきにいなほ)

参考価格:10,000円(税込)
※2022年1月5日時点の情報です。

公式サイトで見る楽天市場で見るYahoo!ショッピングで見る

まとめ

お月見は、1年で最も月が美しく見える特別な一日

平安時代から続く「お月見」の行事。
十五夜は、1年で最も月が美しく見える特別な一日です。
現代でも取り入れられるお月見のやり方を参考に、心豊かで楽しい時間をお過ごしください♪